元気・健康

免疫力を上げよう!


冬は1年で最も風邪をひきやすい季節

pixta_36070490_M

その理由はおおよそ3つあります。

 

1つ目は、寒さで体温が下がってしまうから。

体温が1℃下がると風邪への抵抗力が下がってしまい、風邪をひきやすくなっていきます。

 

2つ目は、空気が乾燥しているから。

風邪を引き起こす菌は、乾燥した空気が大好きで、菌の侵入を防いでくれる鼻・喉は、乾燥すると菌を排除する働きが弱まってしまいます。そのため空気が乾燥する冬は、風邪をひきやすい季節になるのです。

 

3つ目は、年末年始の忙しさで体調管理がしづらくなるからです。

忙しくなると、睡眠不足になりがちですし、食事もおろそかになり、風邪をひきやすい体になってしまうのです。

 

これら3つの原因は、全て「免疫力の低下」に繋がります。

免疫力とは、菌を含む様々な外敵から身を守る抵抗力のこと。「風邪をひきやすい=免疫力が低下している」状態です。つまり、「免疫力をUPする=この冬は風邪知らず!」というわけなのです。

 

免疫力UPのためには?

STEP1 ちゃんと睡眠をとる

pixta_56974575_M

ストレスは、睡眠の質を低下させます。睡眠の質が低下すると、「成長ホルモン」の分泌が十分に行われなくなるため、「免疫力」も低下します。その結果、風邪をひいたり、細菌やウィルスにも感染しやすくなってしまいますので、睡眠の質を高めることは、健康な身体づくりにはとても大切なことです。

★免疫力を高めるカギは『成長ホルモン』★ 

眠りはじめ3時間の深睡眠が重要!

『成長ホルモン』の主な役割は、免疫物質を生成したり、古くなった細胞を作り替えたりと、まさに健康な身体づくりには欠かせない物質と言えます。また、成長ホルモンの分泌は、『眠りはじめの3時間』に集中しています。

 

「成長ホルモンは、睡眠中に分泌されますが、実は、眠り始めの3時間で大量に分泌され、それ以降は分泌されない物質です。免疫物質の生成に成長ホルモンが深く関わっているため、成長ホルモンの分泌が十分に行われることが、健康な身体づくりには重要となってきます。また、通常紫外線を浴びることで肌の細胞は壊れてしまったり、飲酒により肝臓はダメージを受けたりしますが、寝ている間に傷ついた細胞を修復するのも「成長ホルモン」です。

つづく…