2017.07.28

ワセリン+日焼け止めで、紫外線と乾燥をカット!


31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

冬でも気を付けたい紫外線。油断してたらシミだらけ!?

冬は日差しが弱いため、
紫外線対策がテキトーになりがち。
でも紫外線は絶えず降ってます。
それに空気が乾燥してるので、
お肌のバリア機能が低下して、
紫外線の影響をバシバシ受けてしまいます。

でも日焼止めは、
刺激のある成分が含まれるから、
塗れば塗るほど肌がカピカピに…
なんてことも。

そこでオススメなのが、
そこで肌を保湿しながら
紫外線からも守る最強コンビ
ワセリン+日焼け止めです。
 

ワセリン+日焼け止めで、紫外線と乾燥をカット!

 

1)ワセリンは、日焼け止めを塗る「前」に使おう。

1da421ad3d80ff6c1c56e0ca483199df_s

保湿ケアに大人気なワセリン。
ではどのタイミングで
使ったらいいんでしょう?

ズバリ、
日焼け止めを塗る「前」。
化粧下地の代わりにワセリンを塗り
日焼け止めを塗る。
ただそれだけです。

ワセリンが肌の潤いを守り、
日焼け止めが紫外線を防ぐ。
これで最強コンビのできあがり。
ドラッグストアで買えるお手軽さも嬉しいですね。
 

2)純度の高い「白色ワセリン」を選ぶべし。

ワセリンを使うと油焼けする。
と聞いたことありませんか?
この原因は、純度の低いワセリンを
使っているからです。
不純物が肌の上で酸化するせいで、
油焼けしちゃうんです。

純度の高い白色ワセリンなら大丈夫。
純度が高ければ高いほど、
外部からの影響を受けにくく、
変性しにくい性質なので、
下地にバッチリ使えます。
購入する時は純度の高さを要チェックしましょう。
 
Print

※油焼け…オイルや純度の低いワセリンを塗って外出した結果、
オイルが酸化し肌に色素新着を起こす状態。
 

3)クレンジング後も、ワセリンでケア

クレンジングした肌は、
とっても乾燥しています。
できるだけすぐ・即・しっかり保湿したいところ。
そこでもワセリンが使えます。

お風呂でほてった顔を冷ましたら、
化粧水や美容液をつけて、
ワセリンで覆いましょう。

これで水分の蒸発も乾燥も防げます。
これで冬もお肌ぷるぷるでいられますね♪
 

体の中から紫外線&乾燥対策にぴったりなサプリが、コレ。

体の外から肌を守るのも大切ですが、
中から守ってあげるのも大事です。

そこでオススメしたいサプリが、
「すっぽん卵の美人サプリ」。
すっぽん卵の美人サプリ(60%)

このサプリメントには、
驚異の保水力をもつヒアルロン酸。
抗酸化力TOPのスーパーフルーツ・マキベリー。
コラーゲンの原料であるアミノ酸を豊富に含む、
佐賀はがくれすっぽんのすっぽんの卵。
同じくアミノ酸を多く持つ、
馬プラセンタ。
紫外線ケアに欠かせないビタミンCの王様・カムカム。
体が元気じゃないとお肌もくたびれる!
ということで、にんにくとマカ。
これらをまとめるオリーブオイル。
など合計8つの成分が、ギュッと1粒につまっています。

いつまでも綺麗でいるためには、体の中のケアも欠かせません。
サプリメントで効率よく毎日ケアしてあげましょう。

マキベリー画像01
いつまでも綺麗でいたい…。 それは全ての女性が願い求める 永遠のテーマですね。 綺麗でいるために欠かせないのが、 抗酸化力。 疲れや紫外線でできる体のサビを