元気・健康

顔面崩壊‥‥あなたは大丈夫? その1


「頭蓋骨の老化」が原因かも

フェイスラインのたるみ、シワ、ほうれい線。
老け顔の印象を作り出す顔のシワに、とても意外なものが深く関わっていることがわかってきました。
それは・・・・・

顔のシワやたるみに骨密度が関係しているのです。

abc

骨密度とは、骨の中身がどれだけ詰まっているかの値骨 骨粗鬆症

骨粗しょう症は、骨の中身がスカスカになり骨折しやすくなる病気です。
顔面の骨も例外ではありません。
骨密度が減ると、骨は縮んで小さくなります。
母親や祖母世代が若いころよりも身長が低くなり小柄になるのは、そのためです。
私達の体は、体を支える骨格があり、筋肉が骨を包みその上に脂肪や皮膚で覆われているため、その土台である骨が委縮すれば必然的に上に乗っている肌はたるんできます。

加齢とともに骨は縮む

そもそも、顔面すべての部位に骨はありません。目・鼻・口は開口部です。
この開口部はつくりが複雑で動きがある部分なので、その周辺には老化が表れやすくなります。こめかみや額・眉間・頬・あご先など、高さがある部分は委縮して平坦に。そして、骨そのものが縮むので目や鼻の穴部分は広がっていく。
顔面骨の体積そのものが減ってしまうので皮膚がたるんでいくことに。

19110901

いくらお肌をケアしても、その内側にある骨格が縮めば皮膚のたるみは不可避ということになるのです。また、骨密度の低下は全身に起こることですが、顔の骨は他の部位よりも早く低下するため見た目に大きく変化が表れます。お肌のケアも大切ですが、体の内側からのケアも大事にしていきたいですね。

 

最新記事

人気記事ランキング

カテゴリ