「卵の中の卵」すっぽんの卵を贅沢に使用

イメージ

1DHA・EPAを持つ栄養のかたまり

すっぽんの卵が持つ脂は、青魚と同じDHA・EPA!
親指大ほど大きさなのに、鶏卵より低カロリー。必須アミノ酸を含む全アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどを50種類以上も含有。栄養価の高さから「卵の中の卵」と呼ばれることも。

2殻ごと丸ごと=カルシウムたっぷり

ダイヤモンド刃すら刃こぼれする殻。「すっぽん卵の美人サプリ」は特殊技術を用いて、殻ごと丸ごと贅沢に配合。女性に不足しがちなカルシウムを、ばっちり取り入れられます。

3フリーズドライ製法で栄養素をギュギュッ!

すっぽんの卵をフリーズドライ製法で粉末に、加熱によって壊れるビタミンや酵素を壊さずギュギュっと凝縮しています。

4年に2回しか生まない卵を贅沢使用

すっぽんの卵は、1回に15~20個ほど、年に2回、夏の間しか産卵されないため、サプリメントに使用できる数は限られています。その大変希少なすっぽんの卵を、しかも佐賀はがくれすっぽんの卵だけを配合しているのが、「すっぽん卵の美人サプリ」。高品質のすっぽんが産むすっぽん卵のパワーをぜひ体感してください。

イメージ

すっぽんの卵の採卵は、夜明け前の5時前から始まります。夜が明けると、カラスや野鳥が卵を食べにくるからです。すっぽんは穴を掘り、そこに卵を産むため、産卵小屋には砂が敷き詰めてあります。
採卵する時は、手で砂をかきわけ、卵についた砂を手で払いながら、丁寧に採っていきます。採卵した卵は、砂を敷き詰めた木箱へ、等間隔に並べます。すっぽんの卵の殻は、指先でコンコンと叩くと割れるほどに繊細です。
そのため綺麗に採卵するために、木箱に砂を敷き詰めるのです。
この作業を夏場の間、毎日毎日繰り返して、「すっぽん卵の美人サプリ」は作られるのです。

佐賀はがくれすっぽんその養殖場の秘密
マキベリー/カムカム

3STEPでわかる!美人のわけ

「すっぽん卵の美人サプリ」のことが5分で分かるサイトツアー

詳しくはこちらから