すっぽんと卵

すっぽんの卵は、栄養の宝庫!その理由って?


IMG_0658
すっぽんの卵を食べたことがある、または見たことがある人は、あまりいないのではないでしょか。
専門店でもメニューに載せられない、すっぽんの卵。
その栄養価の高さから
栄養の宝庫
●卵の中の卵
●卵の王様
とまで言われています。

なぜこんなに評価が高いのでしょうか?
その理由をお伝えします。
 

すっぽんの卵は、栄養の宝庫!その理由って?

 

(1)全アミノ酸をバランス良く含有。

e05d827df3384b7e26bdfb59e409cd66_s
すっぽんの卵には、
・必須アミノ酸
・非必須アミノ酸
全18種類をバランスよく含有します。

必須アミノ酸は、体内で生成できない成分です。
必ず食物から摂らなければなりません。
非必須アミノ酸は、体内で生成できるとはいえ
多く摂取して損はありません。

「今の日本人はアミノ酸が足りてない」と言われます。
すっぽんの卵は、しっかり補ってくれるのです。

すっぽんの卵が含有するアミノ酸例

コラーゲン生成 グリシン
プロリン
アラニン
疲労回復 バリン
ロイシン
イソロイシン
発毛・育毛 アルギニン
リジン
シスチン
卵TOP
すっぽんの卵は、その栄養価の高さとバランスの良さから 「卵の王様」や「栄養の宝庫」と呼ばれます。 でも、こう思う人は多いんじゃないでしょうか? 「……ところで、すっぽんの
 

(2)青魚と同じDHE・EPAを含有。

32ac44b2a4d858fa0a54490b97a1ff32_s
すっぽんの卵は、鶏卵と同じものとよく勘違いされます。
しかしそれは大きな間違いです。

すっぽんの卵は、青魚と同じ不飽和脂肪酸DHA・EPAを持っています。
血液サラサラ成分であるDHA・EPAは、体内で生成できません。
必ず食べ物から摂らないといけないのです。

そのため、すっぽんの卵にはコレステロール低下効果があると報告もあります。
ドロドロ血液は万病のもと。
サラサラ血液は健康を作る。
すっぽんの卵と鶏卵は似て非なるものなのです。

すっぽん(1
すっぽんは長い歴史の中で、 自然の滋養強壮食材として使われてきました。 昔は白血病など重い病にかかった時、 すっぽんを薬として食べたと 記録があります。 (大河ド
 

(3)ビタミン・ミネラル類も豊富。

d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s
すっぽんの卵には、ビタミン類・ミネラル類もたっぷり含みます。
疲労や夏バテに効くビタミンB1は、鰻よりも豊富に持っていま。

ビタミンB1含有量
すっぽん 0.91mg/100g
0.75mg/100g

※「ビタミネ」HPより

他にもこれらを豊富に含みます。
●ビタミンA
●ビタミンB2
●ビタミンE

ミネラル類もたっぷり含んでいます
●鉄分
●亜鉛
●カルシウム

鉄分は、貧血に悩む女性にとって欠かせないミネラル。
カルシウムも、男性に比べ骨が弱い女性に必要です。
すっぽんの卵はどちらも豊富に持つ、女性に優しい食材なんですね。

99dec557573b0d04071e9a5646ab95ae_s
夏バテを防ぐ食材=鰻 と思う人は多いでしょう。 でも実は、すっぽんは鰻よりもスゴイ 最強の夏バテ防止食材なんです! なぜそう言われるのでしょうか? 主な理由を
 

健康・美容に役立つ「栄養の宝庫」

卵つまむ
すっぽんの卵が栄養の宝庫と言われる理由が伝わりましたか?
●必須アミノ酸を含む全アミノ酸
●不飽和脂肪酸DHA・EPA
●ビタミン・ミネラル各種
これらをバランスよく持つすっぽんの卵。
出会った時はぜひ食べてみてくださいね。
 

最新記事

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

カテゴリ