お肌と髪のケア美容ケア

日焼け止めにプラス!目と髪のUVケア


サングラスならコレ!「UV400」をチェック!

pixta_16964782_L
暑くなる夏。
紫外線(UV)がわんさか降り注いできますね。
肌のUV対策以外にも、
目と髪もしっかり守りましょう。

目の対策にベストなのは、サングラス。
ぜひぜひチェックしてほしいのが
「UV400」の表記です。

UV400とは、
強力な紫外線が年中降り注ぐオーストラリアで認められた規格。
紫外線UV-A、UV-B、UV-C、
どの紫外線もカットします。
オーストラリア生まれなんて心強いですね。
屋外スポーツ選手も愛用と評判が良いようですよ。

さらにイチオシはこんなサングラス。
●レンズは大きく
●色が薄い物

光は肌でも反射します。
レンズが大きければ、
肌から反射した紫外線も防げます。
色が暗いレンズだと
瞳孔が大きくなり紫外線が入りやすくなるので、
色が薄い物がオススメなんです。

UV400の伊達メガネもあるので、
夏の間はオシャレしながらUVガードしましょう!

84cc6e6e66b9ccb929727049e6b37274_s
今じゃ1年中紫外線対策するのが当たり前! でも目もカバーできてますか? 目に入る紫外線が、肌にシミを作るんですよ。 油断大敵ですよね! 今からできる目の紫外線対策で
 

コンタクトなら、シリコーンハイドロゲル。

コンタクトでもUV対策はできます。
店員や眼科医もオススメなのが、
シリコーンハイドロゲル素材のコンタクト。

実は一般的なコンタクトより、
UVカット率が高いんです。
サングラス(眼鏡)とコンタクトのWガードで、
しっかり紫外線から守りましょう!

従来素材 シリコーンハイドロゲル
UV-Aカット率 約81%以上 約96%以上
UV-Bカット率 約97%以上 約99%以上

※某有名コンタクトレンズホームページより

2aa5620a7ae0f0ae063dd1012eb6795e_s
実は肌の3倍もの紫外線を受けている髪。 髪や頭皮の日焼けは パサパサ・ボサボサ髪、 切れ毛、抜け毛、白髪など イヤ~なダメージを引き起こします。 ずっと艶やか
 

帽子や日傘には「UPF50+」

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s
髪のUV対策に簡単に使えるのが、
日焼け止めスプレー。
もまんべんなく吹き付けるのって、
難しいですよね。

100%ガードに近づけるなら、
帽子や日傘も使いましょう。

そこでぜひ確認してほしいのが、
「UPF50+」の表記!

これもオーストラリア生の規格で、
衣類の製外線カット指数最高値です。

今や帽子や日傘以外にも、
パーカーやカーディガンにも使用されていますね。

さらに選ぶなら、帽子は
つばが広く通気性の良い物を。
日傘なら、白やシルバー1色で、
内側が黒い物だと安心ですよ。

OAI63N0
紫外線対策にも保湿にも使える ヘアオイル。 でも「ベタベタするから…」と 苦手に思ってる人も多いのでは? そこでサラサラになれる ヘアオイルの使い方と そのポイ
 

2~3年が平均使用期限です。

これらのUVカットグッズには、使用期限があります。
どれも2~3年が使用期限です。
山や海などの行った場所や回数、
保管方法によってさらに短くなります。

パーカーやカーディガンは洗濯するので、
ワンシーズンが限界。
いつ買ったのか確認するのを忘れないようにしましょう。

綺麗な肌でいるためには、
UV対策が欠かせません。
自分に合った、好きなグッズで、
オシャレに軽やかに夏を乗り越えましょうね。
 

b524ab671868dd9082a4971a4a3a8c42_s
うっかり日焼けした後に、 あなたは何を食べますか? これを食べれば大丈夫! 紫外線をケアしてくれる食べ物で 体の中からケアしましょう。 日焼けしたら食べるべき
トゥルントゥルンへアー01
紫外線の影響は、肌だけでなく 髪にもハッキリあらわれます。 できれば簡単にヘアケアしたいですよね。 ところで、トリートメントの後って そのまま洗い流してませんか
young-woman-2194038_1280
シミやしわは、目から入った紫外線でもうまれる というのは常識になりましたね。 しかし紫外線の影響はそれだけではありません。 紫外線によって傷つけられた目は炎症をおこし
pixta_7317469_M600
美容にも健康にも欠かせない ビタミンC。 緑黄色野菜にもちゃんと含まれていますが、 ビタミンCは水に溶けやすいため 調理中に流出してしまうことが多くあります。 例